.....

...

....

« TPPに参加で、中国市場のみならず、EU市場も失う可能性 | トップページ | TPP アメリカは日本のマスコミ対策をしている CIAも使っている (榊原英資)+ビデオ付 »

2011-11-09

TPPは 時代遅れ! TPPで、建設会社は10万件以上、倒産する (榊原英資氏)+ビデオ付

青山学院大学教授  榊原英資氏   
(プライムニュース 2011-11-08) 発言より

- 第一部 -

TPPに参加は、発想が古いです 

外圧を使って日本を変えようーなんて、発想は、20年前のこと

TPPは関税をゼロにして、貿易を増やそうというだけではない

TPPは分野が広い。

農業だけの話ではない。農業、医療、政府調達、金融、他、

TPPで言うグロバリゼーションとは、アメリカナイゼーションである

日本がそういうことをやっていいのか?

日本には、守らなければならないものがたくさんある。

それを全部、捨てていいのか。

日本には、健康保険制度がある

現在、混合診療は、違法であるが、混合診療を合法にしろ、と、アメリカは言ってくるだろう。

そのバックには、アメリカの保険会社、AIGがついている

日米同盟よりも、 東アジアの経済構造のほうが、今は、もっと大事

混合診療は今、違法だけど、アメリカからは、合法化しろといってくる

日本の保険制度の一角がくずれる。

現在、日本では、地方での、公共事業は、地方の建設会社を優遇する

という法律があるが、

公平な条件で参加させろ、とアメリカがいってくる。アメリカの建設会社を参加させろ、といってくるだろう。

そうすると、日本で、10万単位で、建設会社はつぶれる

外圧は、かつてはよかったが、今は、そんな時代ではない。

外圧で、今の日本の良い制度も、全部、こわれてしまう

今、日本の維持するべき制度まで、壊れてしまう

今、東アジア統合ができてきているので、

経済的に危機感を感じているのは、アメリカ、オーストラリアである。

だから、TPPをつくって、アメリカ、オーストラリアが、アジアの統合に

自分たちも、入れてくれ、といってきているのだ

だから、それに飛び乗る必要は、まったくない。

日本、中国、韓国、で、貿易比率が、60% 、だから、その中に、アメリカ、オーストラリアは、おれたちも、入れてくれ

といっているだけである。

だから、

中国は、冷ややかに見ている

アメリカとFTAを結んだ、韓国ですら、慎重である

アメリカ、オーストラリアが、東アジアに、入れてくれよ、といってきているものを、はねつける必要はないが、

日本は、中国といっしょに、どうしようか、と考えたらよい。

飛び乗る必要はない。

20年前までは、

アメリカのいうことに、なんでも従っていればいい、という時期もあったが、

そろそろ、日本の国益を考えろ

日本の国益とは、東アジア統合を、重要視、大事にするべきだ。

アメリカを対象としたTPPには、慎重にするべきだ。

それが、日本の国益だ

(第2部に続く)

榊原英資氏 TPP交渉に反対する理由 1/2

http://www.youtube.com/watch?v=PN_vu_FgU0w

榊原英資氏 TPP交渉に反対する理由 2/2

http://www.youtube.com/watch?v=PHMpon397jE

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

« TPPに参加で、中国市場のみならず、EU市場も失う可能性 | トップページ | TPP アメリカは日本のマスコミ対策をしている CIAも使っている (榊原英資)+ビデオ付 »

コメント

tppとは何か?話を聞き、意見を出せばよい。全てはそれからで良い。米国は政権がTPP交渉の権限を議会から取り付けてないと聞く。オバマ相手に何を決めても議会が同意せねば実行できぬ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« TPPに参加で、中国市場のみならず、EU市場も失う可能性 | トップページ | TPP アメリカは日本のマスコミ対策をしている CIAも使っている (榊原英資)+ビデオ付 »

フォト

INDEX

月別 全記事

このブログをメールで購読

.

  • 人気ブログランキングへ
  • にほんブログ村 政治ブログへ
無料ブログはココログ